読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「プログラミング自体が楽しい」って、どうなんだろう。プログラミングするためにプログラミングしているなんて、じゃあ結局なにをやったのかを説明するときに困る感じする。「これを作りたい」って情熱があってプログラミングしている人と比べたりすると、やっぱりモチベーションこれ保てるのか自分でも不安になってきたりもする。うーん。

そりゃ自分にも作りたいものはあるんだけど、色々目移りして、ちょっと手を出してはすぐに投げ出すようなことを繰り返してきたってのがあって、少しずつプログラミングの力はつけてきたつもりなんだけど、それは実践できる能力なのか。今は周りよりプログラミングできても、周りだってすぐにプログラミングできるようになって、自分を追い抜いていくに違いないと思う。というか実際に既に何度も追い抜かれている。だから何、という話ではあるのだけれども。うーん。

プログラミング以外で自分が強く興味関心持っているもの、といったらやっぱり文字の話か。文字とプログラミング。そっち方向で個性を伸ばすことは可能か。フォント周りのプログラミングとかどうなんだろ。でも今はプログラミング言語の方に気が向かっている。うーん。

まあナントカナルサ、と思う程度なんだけどさ。