読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Luaと協調するマルチステージ言語 Terra (3)

プログラミング

C言語後方互換

TerraはClangの機能を使って、C言語との後方互換性を実現しているので、C言語から使えるライブラリならTerraからも使うことができる。
試しにTcl/TkをTerraから使ってみる。

libtcl = "libtcl8.5.so.0"
libtk = "libtk8.5.so.0"
includepath = "/usr/include/tcl"

-- 動的ライブラリのリンク
terralib.linklibrary(libtcl)
terralib.linklibrary(libtk)

-- C インクルードファイルの読み込み
tcl = terralib.includec("tcl.h","-I",includepath)
tk = terralib.includec("tk.h","-I",includepath)

tcl_code = [[
button .hello -text {Hello, world!} -command exit
pack .hello
]]

terra hello()
  var interp : &tcl.Tcl_Interp = tcl.Tcl_CreateInterp()
  tcl.Tcl_Init(interp)
  tk.Tk_Init(interp)

  tcl.Tcl_Eval(interp, tcl_code)
  tk.Tk_MainLoop()
end

terra main(argc : int, argv : &rawstring) : int
  hello()
  return 0
end

terralib.saveobj("hellotcltk.o", {hello = hello, main = main})
hello()

これをterraで実行すると、Tkのウィンドウが表示される。また、hellotcltk.oというファイルが生成されるので、これをライブラリとリンクして実行ファイルを生成することもできる。

cc -o hellotcltk hellotcltk.o -ltcl -ltk