読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラミングと哲学

プログラミングと哲学の間には深い関係がある。プログラミングが昔ながらの哲学と単純に対応するというわけではないけれども、だからといって全くの無関係というわけでもない。その理由として、プログラミングの方法論のひとつに、世界を分析し、それを記述するという方法でプログラムを書くという考えがあることが挙げられる。

それはまさにオブジェクト指向の理念である、と考える人は、プログラミングのことも哲学のこともよく知らない。世界の様子を記述するという性質はオブジェクト指向の専売特許などではなく、平叙型プログラミング*1に共通して見られる考えだ。すなわち、関数型プログラミングや論理型プログラミングもまた、世界の様子を記述する側面を持っている。

「世界を分析して記述する方法」というのは、古来哲学が対象としてきたことのひとつだ。それなら、哲学なんてプログラミングと関係ないとするほうが、伝統に則らない考えだというべきだろう。分かりやすい例として、論理型プログラミングと分析哲学の関係を挙げる。論理型プログラミングの記法は記号論理学に由来するが、遡ればフレーゲの「概念記法」にたどり着く。フレーゲは一方で分析哲学の祖ともされるが、フレーゲ分析哲学とは、概念記法の背景にある考えを記述したものに他ならない。

あなたが論理学や論理型プログラミング言語を使っている時、あなたはその背景にある「世界の分析方法」をも、気づかないうちに体得している。そういう無意識のうちに使っている考え方を、哲学者は積極的に言語化してくれているのだ。分析哲学を知らなくても論理学を使えるかもしれないが、分析哲学を知ることで論理学自体をよりよく知ることができる。

プログラミングと哲学を結びつけて考えるというのは、古臭い考えを無批判に受け入れるということでもなければ、突飛なこじつけをするというものでもない。むしろその反対だ。自分が無意識に使っている概念があることを既存の哲学を通して自覚することで、プログラミングをより深く理解し、批判的に接することができるようにする。古い哲学が自分の考え方を完全に説明していると思われなければ、新しく考えを付け足していく。そういう営みを意識的に行うことが、プログラミングと哲学を結びつけて考える意義だろうと思う。

*1:declarative programming. 定訳は「宣言型プログラミング」だが、言語学では「命令文 imperative sentence」「平叙文 declarative sentence」と言うのだから、当然「命令型プログラミング imperative programming」に対して「平叙型プログラミング」と訳すべきだ。