読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「抽象化」を抽象化する 〜 nopは確かに抽象化のひとつの形であるという話のメモ書き

さて、以上の議論を踏まえた上で、「世界一抽象化されたコード」というのを今から書いてみましょう。一瞬でかけます。

# nop

上にあげたものがそうです。つまり、「なにもしない」というコードこそが、世界一抽象化されたコードです。

http://nekogata.hatenablog.com/entry/2015/08/05/001742

これが本当に抽象なのか? と疑問に思う人がいるのだけれども、これは確かに一種の抽象化ではあるのだ。これが抽象化だと思えないのは、このnopの例自体が、具体的にどういう抽象化を前提としているかを明示していない、抽象的な例だからだ。「抽象化」という概念それ自体が抽象的だ。関数は、機械に扱える抽象化の機構のひとつなのだけれども、だからといって関数だけが抽象化ではない。

抽象化というのは、プログラムを書くのに使える概念であるという以前に、物の考え方としての概念だという側面がある。このnopの例は、少なくとも、もはやRubyが形式化しているレベルの抽象を越えてしまっていて、それは計算機にとっては意味を持たない(具体的に計算できない)抽象化だ。Ruby処理系に# nopというコード自体を渡しても、これはコメントを含む空のプログラムだと具体的に解釈されるだけであって、全く抽象性を持たない。だけど、そういう、機械にとって意味を持たない抽象化でも、人間にとっては意味のある何かを抽象している場合がある。コメント行自体もそうだし、アルゴリズムの本などが載せている擬似コードなどは、機械が読めずとも人間が読める、抽象的なコードだ。その抽象的なコードは、人間が適宜解釈し、具体的なプログラミング言語で実装することができる。

条件分岐if C then A else Bを抽象化して、非決定性の分岐A ⊕ Bとして考える、といった話と似ている。(抽象化というより、近似と言ったほうがいいのかもしれないけど。あるいは、抽象化というのは、別の視点を変えれば、近似と見ることができる。)

普通プログラマが抽象化と言ったら、機械が扱える範囲での抽象化だけ考えているんだ、と言うかもしれないけど、どういう種類の抽象化を機械が扱えるかというのは、曖昧だ。擬似コードだって、十分に形式化されていれば、処理系を実装して実行することができる。

まとまらないけど、メモ書きだからこれで終わり。